雪乃ブログ

死後の世界にも口コミが??

ピースリンクカンパニーの白木原雪乃です。

だんだん暑くなってくると、TVの特集でも怪談話が多くなってきたりしますが、
TVでの幽霊たちは必要以上に怖い存在として描写されていることが多いように感じます。

私も、死後探索を学ぶ前は、幽霊は怖いもの、と思っていましたが、
以外にも知れば知るほど、人間と同じような(まぁ、元人間ですからw)
もしくは、それ以上に情に厚い存在なのかも?と思わせるような体験があります。

今回も、あみちゃんにインタビューしてもらいましたので、
死後の世界の私の体験したお話をいくつかご紹介したいと思います。

 

 

今夏!7/7(土)~9(月)リトリーバル(死後探索)ワークショップ

を東京都北区の「ルーン・ウィッチズ・グロット」にて開催!!

 

スタッフのamiです☆

前回に引き続き、リトリーバルについて、雪乃さんにインタビューいたします!

 

雪乃さんより:

「2014年2月6日、死後探索トレーナーである、私 白木原雪乃は、【臨死体験】をしました!

この世に蘇ってきて今思うことは、

この世に生きている間に「どう生きるか?」です。」

 

 

※「リトリーバル(死後探索)とは」については前回のブログを読んでくださいね★

 

 

ami「雪乃さんが経験したリトリーバル(死後探索)の

印象深いエピソードについて教えてください。」

 

雪乃さん:

「ある時、現世に残ったままのある魂のリトリーバル(死後探索)の救済活動したんだけど、その時のヘルパーさん(ガイド)はなんと以前私がリトリーバルした方の魂だったの。

 

私がリトリーバルした後、その方の魂は統合されたんだけど、

「光の世界」で修行?を積んで、今度はヘルパーとして活躍されていたの。

 

そのヘルパーさん(お母さん)がいうには

「私の娘もリトリーバル(救済)が必要だ、

娘の魂が彷徨っている場所へ一緒に行ってほしい」とのこと。

 

そこでヘルパーさんと一緒に行ってリトリーバルした後

さらに娘さんの魂に「今度は私のお兄ちゃんの魂もリトリーバルして欲しい」

とお願いされたの。

さらにお兄ちゃんの魂をリトリーバルした後は

別の魂をリトリーバルして欲しいとお願いされ・・・・

とこの一連の流れが何回か続いたんだよね。

 

死後の世界にも口コミってあるんだなーって思った!」

 

ami「雪乃さんが知っている人のリトリーバル(死後探索)では

どういうものがありましたか?」

 

雪乃さん:

「知ってる方のリトリーバルでいうと、

ピースリンクで扱っている音叉を作った「アラン・セールス」さんに

会いに行ったことがあるよ。

 

ちょうどアランの講座を受講しようとイギリスに行った時に、

現地で彼の死を知ったんだけど、

帰国して少ししたあとにリトリーバルしてみたの。

 

リトリーバルは2回行ったんだけど、

亡くなって最初に会いに行ったときは彼のハイヤーセルフに

「今はまだ接触しないで欲しい」

と言われて会うことができなかったんだ。

 

気になったのでアランの方をチラッと覗いてみたら、

アラン(の魂)はまだ彼の自宅にいてウロウロと動き回っていて、

「あーまだ自分が死んだということを自覚してないんだ」

って感じたな。

その時に日本でいう49日間

(49日を境にこの世に残っていた個人の魂が次の世に旅立つ日)

はリトリーバルしないほうがいいのかなと思ったの。

 

49日経ったあとにもう一度リトリーバルした時のアランに会いに行ったときに

「アラン、亡くなったことわかってる?」

と聞いたところ、

「うん、わかってるよ。早くそっちに行きたいんだよね」

と特に深い話もせず、ヘルパーさん(ガイド)と

あっさり旅立っていっちゃった(笑)。

 

アランのように亡くなったことを理解していて、

この世に未練がない準備ができている場合は

このようにあっさり旅立って行くけど、

そうではない場合はある程度話し合いや説得が必要になったり、

旅立つ状況や設定をつくる場合があるの。」

 

ami「例えばどういう状況や設定ですか?」

 

雪乃さん:

「白いワンちゃんがヘルパーだった時のことも印象深いんだけど、

「ワンワン(こっち来て)」

と言うワンちゃんに連いて行った先は、

崩壊した学校の瓦礫の下敷きになった飼い主さんのところだったの。

ちょうど少し前に中国で大きな地震があって、

学校が崩壊したというできごとがあった時なんだけどね。

 

近づいてみると飼い主さんは体と足が瓦礫に挟まり動けない状況で・・・。

本来であれば亡くなっているので魂は自由に動けるんだけど、

「埋もれてしまって動けない」

という思いのまま亡くなってしまったから、

「自分は動くことができない」

と思い込み、その場所に魂が留まり続けていたの。

 

ワンワンと心配して鳴く飼い犬に

「おお、来てくれたのか!よしよし」

と飼い主さんは気づいたけど、動けないと思い込んでいたから、

私がその瓦礫をどけて「もう大丈夫ですよ」と声をかけたの。

 

足は潰れてしまっていたから、肩を貸してあげて

移動するのをサポートしながら救い出したんだ。

 

ふと見るとヘルパーの白いワンちゃんが

犬ぞりを用意していたの。

「病院に行きましょう」と声をかけて飼い主さんに座ってもらったら、

ワンちゃんがそのまま光の世界へ飼い主さんの魂を運んで行ったということがあったな。

死後の世界で愛犬が飼い主さんを助けるということがあるんだなって思ったよね。

動物ものは、特にうるうるきちゃうね・・・。」

 

 

死後の世界・未成仏の魂というと怖いイメージでしたが、

雪乃さんのエピソードを聞いて生きている人間と変わりなくて、

コミュニケーションをとることによって

救われる魂があるんだなと印象が変わりました!

 

みなさんもリトリーバルワークショップで、

亡くなってしまった会いたいひとに会いに行きませんか??

 

 

※6月末までにお申込・お振込みで早割★

************ 開催のご案内 ************

◆受講コース名: リトリーバル(死後探索)レベル1&2

◆日 時: 2018年7/7(土)~9(月) 10:00~18:00

 

◆会 場: ルーン・ウィッチズ・グロット

〒115-0043 東京都北区神谷3-45-5

アクセス 東京メトロ王子神谷駅

 

◆持ち物:筆記用具、飲み水、 リラックスしやすい服装

 

※レベル2では可能であればご持参して頂きたいものがございます。

亡くなられた親しい方・ご家族などの写真(できれば全身が写っているもの、お一人で写っているもの)を封筒に入れて、表にその方のお名前を記入しお持ちください。

 

◆受講料:95,000円 ⇒ ルーン特別価格:80,000円 ※6月末までにお申込&お振込

◆受講料:95,000円
「死後探索」単発受講料
レベル1 58,000円
レベル2 37,000円
レベル3 95,000円
下記は今回特別セット価格です。
セット割引 一括まとめ払い
レベル1&2 95,000円の所⇒80,000円
レベル1&2&3 190,000円⇒170,000円

——————————————————————————————-

◆受講コース名:リトリーバル(死後探索)レベル3 自己探索・自己ヒーリング
◆(仮)日 時:11/2(金)、3(土)、4(日)10:00~18:00
◆会 場:〒221-0834 横浜市神奈川区台町2-5 ネオマイム横浜台町302
◆持ち物:筆記用具、ノート、リラックスしやすい服装
◆受講料:95,000円
「死後探索」単発受講料
レベル1 58,000円
レベル2 37,000円
レベル3 95,000円
下記は今回特別セット価格です。
セット割引 一括まとめ払い
レベル1&2 95,000円の所⇒80,000円
レベル1&2&3 190,000円⇒170,000円

*******************************************

 

死後探索とは

 

亡くなった家族やペットがその後どうしているか考えたり、生きている間に言えなかった言葉を伝えたいと思ったことはありませんか?

それを可能にする手段の一つが、リトリーバルという魂の救済活動です。

 

亡くなった後、自分の行くところがわからなくなって迷っていたり、この世に何らかの執着があり留まってしまっている方の魂を助けます。

このリトリーバルを学べるのが、死後の世界を探索するワーク、「死後探索」です。

アメリカのブルース・モーエン氏がヘミシンクをもとにして開発したメソッドです。

 

救済活動は、ヘルパーと呼ばれる存在に任せます。私たちは誘導によって変性意識状態を作り、非物質的世界を旅して肉体を持たない方とヘルパーとを引き合わせる仲介役になります。

亡くなった方が今いる世界の様子を見たり、その方とのコミュニケーションできます。

 

また、その世界を垣間見ることで、死への過剰な恐れから解放されたり、今自分が生きていることの意味や、どう生きていきたいのかがわかります。亡くなった人を助けるだけでなく、生きている自分も救われるワークです。

 

ガイドと話したい方、非物質的世界を探索する興味のある方、亡くなった家族や愛する人に会いたい方やペットとコンタクトをとりたい方、自分自身を救う手立ての欲しい方に特にお勧めです。

 

<学べる内容>

レベル1 死後探索

死後探索ブルース・モーエン・メソッドができるまで

死後の世界の地図

リラックスとエネルギー収集

アファメーションの作り方

信念について

信念(価値観)崩壊に対する対処法

愛にまつわるエクササイズ

ヘルパー(ガイド)との交信の仕方

リトリーバル(救済活動)のやり方

亡くなった方との会話

 

レベル2 パートナー探索

非物質世界を探索する方法

災害や事故に対し、パートナーとリトリーバルを行う方法

非物質世界の集合場所の探索

光の世界に自分の世界を作る

得た情報の分析と読解について

 

レベル3 自己探索・自己ヒーリング

光の世界の探索

自己ヒーリング

光の世界にある計画センターやヒーリングセンターの訪問

不必要な信念体系の書き換え

自分の過去生の救済

ハイアーセルフとの対話

 

レベル4 宇宙探索 ※2018年8月25(土)26(日)開催予定

人間意識を超えて宇宙へ

地球上あるいは他の惑星や他の次元の人間以外の知的生命体とコンタクトをとり、意思の疎通をはかる方法を学びます。

今まで学んだ非物質的世界を知覚するための技術を使い、さらにヘルパーと協力することによって、人間の意識を超えた宇宙への探索の可能性が無限に広がることでしょう。

(死後探索BMトレーナー協会HPより)

☆レベル4につきましては、とりまとめ事務局が異なりますので、下記ページよりお手続きをお願いいたします。
***********************************************************

 

受講後どんなことが出来るようになるか

リトリーバル(救済活動)ができる

自己ヒーリングが可能になる

非物質世界を探索できる

亡くなった方とコンタクトを取れる

 

 

 

 

 

 

ALL