KBIブログ

本に挟まれていた母からのメッセージ~筋反射のミラクル~

キネシオロジーベーシックインストラクターの歌原香菜です。 

 

最近の雨はゲリラ豪雨ばかりで、外に出ている時にえらい目に会いましたσ^_^; 

九州の方ではものすごい被害でしたね。 

必要な方に、必要な助けが届きますように 

 

 

今回のテーマは筋反射テストについて。 

 

筋反射テストといえば、キネシオロジーの代名詞とも言えるテクニック。 

身体が持っているあらゆる潜在的な情報を「筋肉が強くなる/弱くなる」を指標にして確認することができます。 

 

普段はとても元気でも、嫌いなものをみたりストレスな状況におかれたりすると途端に身体がだるく感じる、なんて経験はありませんか? 

それは潜在意識が「それは嫌!ストレス!」と出した情報によって、脳から筋肉にうまく命令が行かなくなってしまうんです。 

 

そして思考するよりもずーーーーーっと速く、身体の反応は出ます。 

不意に熱いものに触ったら手を引っ込めるし、急に車が前に出てきたら、考えるより速く身体が止まります。 

まさに「身体はなんでも知っている」ですね。 

 

 

上記の「ストレスを感じたら身体の筋肉が使えなくなる(弱化する)」というのは「ストレス反応」と呼ばれるテスト方法ですが、多くの中から最適なものを選ぶ「うなずき反応」と呼ばれるテスト方法もあります。 

この「うなずき反応」の経験談を一つ。 

 

ある日、私がクライアントとなってキネシオロジーのセッションをしてもらっていた時の話。 

当時の状況に納得がいかないことが多く、モヤモヤしている状態をどうにかスッキリしたいと相談をしました。 

 

そこで、その時にセッションをしてくださったキネシオロジストが、その場にあるものでストレスの調整に最適なものを筋反射テストの「うなずき反応」で選んでくれました。 

その時セッションをしてもらっていたのは私の自宅。 

部屋の中にある物の中から、「本」の反応がありました。 

本が選ばれたのはいいものの、当時小学校の教員をしていたこともあって部屋の中には何百冊という本がありました。。。 

 

しかし、この中から最適なものを1つ選ぶことができるのが筋反射テスト。 

ある1冊の本に絞り込むことができました。 

さらに、その本をどのように使うかも筋反射テストで聞くことができます。 

指定されたページを見たり、本自体を身体にあてたり、音読をしたり 

 

選ばれたのは 

ページを開ける」でした。 

そのページを開けると、なんと1枚のメモが挟んであるではないですか!!! 

メモは、母のものでした。 

選ばれた本は、同じく小学校の教員をしていた母からもらった、合唱指導の本。 

 

そのメモは「呼吸」について書かれていました。 

意識して深呼吸をしてみると 

先程までモヤモヤしていたものが、深呼吸を繰り返すたびにどんどん薄くなり、最後には消えて無くなっていきました。 

 

そう、部屋の中にある膨大な物の中から1冊の本が選ばれ、その中のあるページに挟まっていたメモに書かれていた呼吸こそが、調整方法だったのです! 

私もキネシオロジストも、これは流石にビックリしました。 

中にメモが挟まっていたことはもちろん、その本の存在すらわからなかったのですから 

潜在意識を表面化させる筋反射テストだからこそ、本人の意識に全くないものでも選ぶことができたんですね。 

 

 

今回のような使い方はちょっと上級ですが、キネシオロジーベーシック講座では、初めて筋反射テストをする方でも「ストレス反応」や「うなずき反応」を取ることができるようになります。 

 

身体が知っている、あなたの本音を聞いてみましょう 

 

☆今後の開催予定☆ キネシオロジーベーシック(KB)とブレインジム(BG101)他

2019年

10/12(土)~14(月・祝)BG101 講師:白木原雪乃

11/2(土)3(日) KB 講師:白木原雪乃

12/7(土)8(日)KB 講師:白木原雪乃

12/9(月)~11(水)BG101 講師:歌原香菜

12/12(木)13(金) OBO 講師:白木原雪乃

12/20(金)~23(月)インデプス 講師:白木原雪乃

2020年

1/12(日)13(月・祝)KB 講師:歌原香菜

2/1(土)~5(水)BGTP 講師:たむらゆうこ、亀田せんじゅ、白木原雪乃(日本教育キネシオロジー協会主催)

ALL